パワーストーントップ

パワーストーンの寿命

長く使っていると、パワーストーンも痛んだり、変色してきます。ですが、これらの状態って寿命がきたってことなのでしょうか?

パワーストーンの効果は半永久的に続くそうです。パワーストーンの見た目に異常があるときは、あなたへ向けたサインなのかもしれません。



色が変色した

色が薄くなった時は、パワーストーンのパワーが落ちている可能性が高いです。

その時は、そのパワーストーンのあった浄化をして上げてください。そしてパワー補給のために日光や月光をあててください。

それで色が回復したら、まだ使えますが!色が戻らずそのままの場合だと寿命ということになります.

紫外線などの太陽光の影響で色が変わる場合もあるし、パワーストーンの持ち主とエネルギーが同調し始めたときに色が変わったりします。

パワーストーンの色が濃くなったり、明るくなったり、キラキラ・ツヤツヤに変化した場合は、問題ありません。それは良い方の変化なのです。

逆に輝きが減退したり、白くなったり、濁った感じになったり、暗くなった場合はパワーストーンがマイナスの気を吸収しているので浄化が必要です。品質の良い天然石アクセサリーの通販サイトはこちらがオススメです。



割れた

石が割れてしまったり、かけたりした時は寿命のようです。

持ち主の危険を察知すると、割れて知らせてくれる種類のパワーストーンもあります。

大切にしていた石が壊れた時、その石は自分の役目を果たしたという証拠なんです。大きな災難からパワーストーンがアナタの身代わりになって守ってくれたんですね。

私の知り合いの話なんですが、海で遊んでいたとき急に大きな波に襲われて自力で砂浜に戻ったら、パワーストーンで作られたブレスレットが無くなっていたそうですよ。

パワーストーンが身代わりになってくれたのか、波の衝撃で腕から外れたのかは分かりませんが、不思議な話ですね。

もしかしたら、ものすごいエネルギーパワーを秘めているのかも知れませんね♪

その他にも、願いが込められているパワーストーンは、願いが成就したとき割れたりするみたいですよ。

しかしエネルギー波長がみだれたりすると石が弱まったりするので、こまめに浄化してあげましょう。

壊れたパワーストーンは、土・川・海など自然に返してあげましょう。

長い間身に付けて愛着がわいて割れたけれどそばに置いておきたいなどといった場合は、それでも大丈夫みたいですよ。

大切に保管しておきましょう。

check

スカイグループ社長のニュース
http://mixmixvision.com/4100
スカイグループのサービス
http://nttbj.itp.ne.jp/0358503333/index.html

2016/11/15 更新